2000年11月15日

InterBEE 2000(幕張メッセ)

毎年恒例の放送機器展ですが、予想通りHD関係とノンリニア中心でNTSCリニア系は何も見るところが無い印象でしたが、今年はローコストノンリニア機材に直接触れたり、メーカーの話しを直接聞くのが目的と言えます。HD関連ではSONYブースで1080-24pの素晴らしさを映画を通して伝えている紹介ビデオがプロジェクターで映し出されていてフィルムの世界にまでSONYだらけを目指している姿を見せて貰いましたし、ノンリニアの大御所クオンテルのHD対応マシンのデモで使われていたソフトがディスクリート製なのも印象に残りましたね。折角なので写真を何枚か載っけて雰囲気でもお伝えしましょう
kikiten1.jpg
kikiten3.jpg

今回一番注目していた"PinnacleSystems社"TARGA3000。D1画像を非圧縮3ストリーム、静止画6ストリームのリアルタイム再生は非常に魅力的なスペックです。64BitPCIバスが1本あれば良いのかと思っていたら、対応マザーボード1種類以外では動かなかったのを確認済みという潔癖さとD1とアナログ出力が同時に出来るオプションが70万以上するという事、さらには他社情報ではバグがかなり出てると聞いたので、まだまだ購入するには問題有りでしょうか。セット価格を聞くと買う意志が急速に薄れていきます。
TARGA3000対応ソフトということで見に行った"クレッセント"社で扱っているSpeedRazor。編集ソフトと合成ソフトがくっついた感じで操作性が良く非常に好感が持てました。価格もこのクラスでは手頃だし、なによりもネットワーク経由でキャプチャーカードなしでも動かせるバージョンを用意しているのは嬉しい所でした。機器展の中で一番心動かされた製品です。
"新輝"社で扱っていた編集ソフトincite。DigiSite上でのみ動くソフトですが、編集感覚はかなり良い感じです。後に我が社の編集マシンはこれに決定しました。
kikiten5.jpg

"クオンテル"社IQでも使われていた"ディスクリート"社のCombustion。AfterEffectsより高度な合成が出来る事とinfernoにデータを渡せる事は素晴らしいのですが、動作がかなり重そうな印象です。ちゃんと動く環境でのデモを期待してますが、いつ見られるのでしょうか。
後は"カノープス"社のDV-REX最新版を見ましたが、折角RS-422での制御が出来るようになったのに肝心のEDL機能を考えてないのと、AVIファイル以外のファイルを扱えるようにならなかったのが残念でした。そんな訳で今回のInterBEEではD1非圧縮がPCベースでも扱えるようになってきたのを体験出来たのが最大の成果だったと思います。
posted by cq at 00:00| Comment(0) | 映像業界関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: