2006年07月17日

HD DVDレコーダー「RD-A1」

東芝からようやくHD DVDレコーダー「RD-A1」が発売されました。BDレコーダーからはだいぶ出遅れた感がありますし値段といい重さといい魅力は無いでしょう。基本性能は3年の時間差分BDレコーダーよりだいぶ良いのですがどちらも普及するのはいつになるやらといったところですね。
posted by cq at 00:00| Comment(0) | 映像業界関連

2006年04月03日

ワンセグ

ワンセグ放送が開始しました。移動体に強いという魅力がどこまで生かされるのか、規格上はとても切ない画質になりますが興味深いです。
H.264/MPEG-4 320×240 ビットレート128kbps フレームレート15fps AAC 64kbps
posted by cq at 00:00| Comment(0) | 映像業界関連

2004年03月01日

放送方式

アナログ放送時代にあったNTSC(日本、アメリカ系)、PAL(ヨーロッパ、アジア系)、SECAM(フランス、ロシア系)の違いはデジタル放送になっても名残りがありますね。ATSC(アメリカ、韓国系)、DVB(ヨーロッパ系)に対して日本はISDBとなってます。世界統一規格なんて話題もあったけど足並みは揃わないものです。制作側では画面サイズの基本が統一されただけでも良しとするしかないでしょう。フィールド周波数は各国アナログ時代と同じままなので60iと50i問題が残っているのですがmov等ファイルでのやりとりが活発になったせいかBS放送やCS放送でおかしな動きの映像が散見されます。昔のような方式変換概念が無い(解ってない?)からなのか映像を見て違和感を感じて欲しいものです。
posted by cq at 00:00| Comment(0) | 映像業界関連

2003年12月01日

地デジ放送開始

いよいよ地デジ放送が開始されました。とは言っても東京・名古屋・大阪だけで段階的に全国にいきわたるらしいし、アナログ放送が止まるまではまだ数年あるので大騒ぎでもない感じです。
仕様はBSデジタルとほとんど同じなので目新しさはないのですが、肩乗せ系のテロップ位置の違和感はBSと違ってガッツリテロップをのせてくる分大きい気がします。
そしてコピー制御方式がコピーワンスになってしまったのは残念ですね。デジタルになった以上コピー手段は幾らでも出て来るのに無駄な抵抗をする分、編集作業では通常のやりとりに支障が出る可能性が増えるでしょう。
posted by cq at 00:00| Comment(0) | 映像業界関連

2003年11月24日

VARICAM

撮影スタッフから聞かされていた話題のVARICAMを見てきました。デジタルシネマカメラなのに低価格は魅力でしょうし、720/60p規格は編集にも優しいです。シネガンマとハイスピードを考えても音楽PVで重宝するのは納得です。
posted by cq at 00:00| Comment(0) | 映像業界関連